愛知からの旅2

旅に出よう。それは、心の旅でもいいのさ
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< クリスマスリース | main | 138タワーパークの花 >>

やまおやじに逢いたくて

山や雑木林なんかで樹木を眺めるのが、ここのところ、自分の中で多少流行っていたりします。
特に、この時期だと、落葉樹が季節を感じて良いですね。
もっと絞ると、ブナ科の樹木が個人的流行の中心だったりします(笑)
でも、ブナ科の樹木・・・特に、クヌギやコナラなんかは、クワガタやカブトムシが好きな人にとってはお馴染みなんですが、そうでなければ、たいして注目される樹木ではないかもしれませんね。

この秋、ドングリ拾いなんかで近場をウロウロしていると、クヌギって、想像していたよりも生えているんだな〜なんて思っていました。
しかし、ある日、樹木図鑑やネットなんかでクヌギを調べていると、自分が見ていた樹木はなんとなくクヌギとは違い、アベマキっぽい。
・・・というか、思いっきりアベマキだった(笑)
これはイカンと、先週末はクヌギ探しに出かけたんですが、探せど探せどアベマキばかり。
探す場所が間違っていたのかもしれませんが、どうしてもクヌギを見つける事が出来ませんでした。

クヌギの事を調べていると、『台場クヌギ』という言葉がチラホラでてきます。
クワガタに興味がある頃はチラホラと聞いた言葉なんですが、その台場クヌギの事を、滋賀県の方では『やまおやじ』と言うそうです。
やまおやじは、写真家の今森光彦さんが名付けたそうですね。
で、最初はクヌギを探していただけだったんですが、やまおやじの存在を知ってからは、どうせならクヌギのやまおやじを見てみたい・・・・というか、すっごくやまおやじが見たい・・・非常に思考回路が単純なため、頭の中がやまおやじだらけに(笑)

前置き長いですが・・・という事で、やまおやじに逢いに行って来ました。

やまおやじ1

やまおやじ2


やまおやじ3

本物のやまおやじは独特の雰囲気で、雑木林の中でも存在感がありました。
何年かけて写真のような状態になったのか分かりませんが、人と自然との関わりみたいな事を強く感じましたね。
しかし、山の中をすっごい歩いた・・・・。

ここは思いっきり山の中で、ものすごく野生動物の気配を感じました。
この日に見たのは鹿の足跡と猿だけなんですが、たま〜に野生動物の匂いが風に運ばれてきたりして・・・・。
実際には、糞から匂ってきただけなのかもしれませんが、熊や猪がいる場所なので、何となく常に臨戦態勢で歩いていました(笑)
ほとんど人と会わなかったので、もし野生動物と遭遇したら、ちょっと怖いですからね。



当初の目的、クヌギとアベマキの区別なんですが・・・・。
クヌギとアベマキ表

上下の葉、パッと見ではクヌギとアベマキの区別はつかないですね。
ちなみに、栗の葉もクヌギやアベマキと似ていますが、その話は置いといて(笑)
実際には、アベマキの方が葉の幅が広いんですが、単体で見たら分かりません。


でも、葉を裏返してみると・・・・
クヌギとアベマキ裏

下の白っぽい方がアベマキで、上の茶色の葉がクヌギです。
それぞれの木を見ると、樹形や樹皮、どんぐりなんかでも違いはありますが、この葉裏が1番分かりやすいです。

と、興味のない人にはどうでもいい話でした(笑)



久しぶりの琵琶湖、目的がやまおやじだっただけに、あまりその他の観光はしませんでしたが、何度も訪れてみたいと思うほど良い場所でした。

琵琶湖

メタセコイアの並木

下の写真の場所なんて、自転車でフラフラしたら絶対に最高ですね。
どうも最近は自転車系の思考から離れてしまっていますが、車、自転車、徒歩と、場所や目的に合わせた楽しみ方をしていきたいですね。

ちょ〜っと滋賀県は遠いんですが・・・・(笑)
滋賀県 | permalink | comments(12) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

葉っぱの区別は付きませんね。一番最後の並木道は是非、自転車で走ってみたいですね。光りの具合で左右の木の色が違って見えるのですか?滋賀県も行ってみたい場所です。
mari | 2006/12/18 11:06 PM
滋賀に10年も住んでいながら,”やまおやじ”は知りませんでした.夏になったら,カブト,クワガタの宝庫でしょうね.
ちょっと調べてみたのですが,高島とかマキノなど湖西や湖北の方みたいですね.TKさんもそちらに行かれたのでしょうか.
最後の並木道はどこの場所にあるのでしょうか.是非とも教えてくだされ.
yanz | 2006/12/19 8:08 AM
一番最後の写真の道、素敵ですね〜!
この場所の匂いや音も聞きたくなります。
tsukasanohide | 2006/12/19 9:32 AM
mariさん、こんばんは!コメントありがとうです!

なかなか難しいですね〜。
凝って調べれば分かると思うんですが、ブナ科以外の葉っぱだと、全然分からなかったり(笑)
この並木道はキレイでしたよ〜。
なんとなく、冬ソナを思い浮かべてしまいますが・・・(笑)

そうですね、左右の木の色が違って見えるのは光の具合ですね。
写真で見ると、ちょうど右上から太陽が照っている感じです。
滋賀県はちょっと遠いんですが、たまには・・・・というか、色々遊びに行きたい場所ですね。
tk | 2006/12/19 10:40 PM
anzさん、こんばんは!コメントありがとうです!

おっと、10年も滋賀で暮らしていらっしゃったんですか!
たぶん、大津とか都心の方に住んでいたのでは。
やまおやじとか、こういった風景というのは、琵琶湖大橋よりも北側に多いですね。

おっしゃる通り、湖西、湖北の方面でウロウロしていました(笑)
台場クヌギというのは、クワガタ好きの方々に荒らされているみたいです。
枯れてると思って割っちゃったりするのかな・・・・。
やまおやじがそんな目に合わないようにと思いましたね。

え〜っと・・・・・場所ですね。
これはメタセコイアの並木でして、マキノ町の『マキノピックランド』という観光施設付近から北へ2.4キロほど続いているみたいです。
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot.php?id=8069
↑なんか分かりやすいかと。
tk | 2006/12/19 10:40 PM
hideさん、こんばんは!コメントありがとうです!

あははっ、冬ソナっぽくていいですよね〜(笑)
人も少なくって良い感じでしたよ。
匂いや音・・・・ですか?
この並木道の両側は栗畑になっているので、その匂いがするかな・・・しないですね(笑)
tk | 2006/12/19 10:41 PM
場所を教えていただき,ありがとうございました.
今度行ったときには,寄ってみるつもりです.

さて,クヌギの件.この夏,知多半島の東浦町でクワガタ採りをしたのですが,幹に傷がつけられた樹を見ました.樹液を出させるために,ワザと傷つけるのだと思います.なんてことをするんだい!です.
yanz | 2006/12/20 7:38 PM
yanzさん、こんばんは!コメントありがとうです!

いえいえ、春の緑もキレイでしょうから、是非行ってみてください。
こういった場所を回るサイクリングツアーも楽しいかなって思います。

・・・・yanzさん、クワガタ好きだったんですか?(笑)
なんとなく意外な感じですが、yanzさんって多趣味なんですね〜。
自分も昔はクワガタに凝ったんですが、クワガタって、採集時のあのワクワク感がたまりませんね〜。
来年は、久しぶりに採集しに行ってみようかな。
樹木に傷を・・・・というのは自分も見たことあります。
もっと酷いと、冬の隠れ家となる樹皮を根こそぎ剥いじゃったりとかね。
どんな世界にもモラルを守れない人はいるんですが、せめてバナナトラップとかにして欲しいですね。
tk | 2006/12/21 6:58 PM
葉裏でわかるのですか〜。
これからは気にしてみようと思います。
山〜やっぱり突然〜でてきちゃったりするんでしょうねぇ〜。
スキー場でも上の方へ行くと、カモシカに遭遇しますしね。

滋賀も楽しそうですね。
なかなか訪れることがないのですが、行ってみたいです。
最後の写真は素敵ですね。
ずっと続いていて気持ちがよさそう!
ノンノン | 2006/12/22 7:28 AM
おお!バナナトラップというんでしたか.目から鱗です(笑)TKさんも好きそうですね.
クワ,カブトの話,甥っ子が好きなので帰省した時に連れていったのです.昼間に,その下身に入った林で,偶然ノコギリクワガタを見つけた時は,ワクワクしましたよ.なんだかんだ言って,自分の血も騒いだのですけどねえ(笑)
その後は,そこの樹で見つけられなかったのですけど,偶然林の中にみかん袋に入れられ吊るされたバナナにカブトが群がっていたのを発見したのですよね.次は,自分で吊るしてみようかなあ.
でも,自然の樹に居たのを捕まえるのは,格別なのだったんですけどね.
yanz | 2006/12/25 8:58 AM
ノンノンさん、こちらにもどうも〜!

葉の裏が1番分かりやすいですね〜。
というか、興味ある人少ないから、どうでもいいネタだったよね(笑)
今年は熊とか猪の被害が多かったからね、やっぱりちょっと怖かったですね〜。
やっぱり、山へ行く時は鈴とか音の鳴るものを持っていった方がいいのかな。

昔、釣りでバカみたいに滋賀県って行ったんだけど、観光目的で行くのはほとんど無かったので、あらためて観光で行ってみると見てみたい場所が一杯でした。
これはメタセコイアの並木なんだけど、わりと長く続いているから良いですよ〜。
機会があったら行ってみてくださいね〜!
tk | 2006/12/29 10:02 PM
yanzさん、返事遅くなってすいません!

おっと、ご存知ありませんでしたか。
バナナトラップは、その世界では有名な捕獲方法ですね(笑)
最近はまったくご無沙汰でしたが、なんとなく来年は捕獲にお出かけしたい気分です。
たしかに、樹液に集まっているクワガタを捕まえるのが醍醐味なんですけど、最近はそういった樹木が減ったというのがバナナトラップなどの捕獲方法が増えた原因でしょうね。
ただこれも、設置したトラップを片付けない人が多いという問題もあります。

なんにしても、来年は捕獲の旅に行きたい・・・yanzさん一緒にどうですか?(笑)


tk | 2006/12/29 10:03 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tk-home2.jugem.jp/trackback/60
この記事に対するトラックバック